【坐骨神経痛.com】〜外科療法〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
zakotusinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは坐骨神経痛の対処と治療について、外科療法を詳しく説明しています。

外科療法とは、手術を行って原因を直接的に改善する治療法です。坐骨神経痛に対して行われる手術は、坐骨神経痛を起こす原因によって様々です。そして手術が選択されるのは、症状が著しく強く日常生活に支障がある場合や、その他の治療法をしばらく続けても一向に改善されない場合などに行われることになります。また手術内容によっては保険が効かずに自費となる場合もあるので、注意が必要です。

【腰椎椎間板ヘルニア】
LOVE法・・・全身麻酔下の元、背中を切開し腰椎の一部を削って脊髄神経を圧迫している飛び出した髄核自体を摘出する手術方法です。
MED法・・・内視鏡下ヘルニア摘出術と呼ばれる内視鏡を用いた術式です。傷跡も少なく術後の負担が少なくて済むのがメリットです。
PLDD・・・経皮的レーザー椎間板減圧術と呼ばれる術式です。レーザー照射によって髄核の一部を焼いて蒸発させ、椎間板内の内圧を下げることでヘルニアを中へ引き戻す方法です。保険適用外なので治療費が高額となります。
PN法・・・経皮的髄核摘出術と呼ばれる術式です。特殊な鉗子を用いて飛び出した髄核を摘出する方法です。保険適用で且つ安全性も高い方法として注目されています。

【脊柱管狭窄症】
椎弓切除術・・・椎骨の後方部分にある椎弓を広範囲に切除し、骨や靭帯などの神経への圧迫を取り除く方法です。
開窓術・・・椎弓切除術とほとんど同様ですが、椎弓を限局的に切除する方法です。
脊椎固定術・・・椎弓を切除した後に不安定になった椎骨同士をチタン合金などの固定器具を用いて固定する方法です。腰椎分離症やすべり症も見られる場合に選択されます。


⇒ 薬物療法

⇒ 神経ブロック療法

⇒ 理学療法

⇒ 装具療法

sponsored link



【坐骨神経痛.com】TOP

copyright©2014  【坐骨神経痛.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved