【坐骨神経痛.com】〜ぎっくり腰〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
zakotusinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは坐骨神経痛に関係する病気、ぎっくり腰について詳しく説明しています。

ぎっくり腰とは、突然起こる腰痛の総称として別名「急性腰痛症」と呼ばれています。突然の激しい腰の痛みで腰に感じる衝撃や腰を曲げることが出来なくなるほどの状況から、ドイツ語では「魔女の一撃(Hexenschuss)」とも名付けられています。
ただし、ぎっくり腰は病気の名前ではなく、症状名と言った方が正しいです。腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症などの病気の症状として、ぎっくり腰が現れるというのが表現として正しいと言えるでしょう。

ぎっくり腰を起こした場合は、すぐには何も出来なくなりその場でうずくまるほどの衝撃が走ります。腰を曲げたり伸ばしたり、捻ったりするとピキッと電気が走るような強く鋭い痛みを感じ、痛みがある程度治まるまでしばらくはそのまま動けなくなります。
しばらくして動けるようになっても、ぎっくり腰になる前と後では顕著な腰の違和感を感じることになるでしょう。
また、予後不良なことが多く、慢性的な腰痛を訴える方がほとんどです。

ぎっくり腰は中高年以上の方に多いと思われがちですが、10代や20代などの若い世代でも起こります。最近では若年齢層にも非常に増えてきているのが問題となっています。これには生活習慣や食生活なども影響していると考えられています。

基本的にぎっくり腰の治療には、特別なことは行われずにとにかく固定して安静にすることが望まれます。痛みがある場合には消炎鎮痛剤が処方されますが、あまり使い続けると効果がないどころか、かえって逆効果の場合もあります。
指圧やマッサージ、ストレッチなどは決して自己判断で行わず、医師の診断の元に適切な機関でのみ行うようにしましょう。


⇒ 腰椎椎間板ヘルニア

⇒ 脊柱管狭窄症

⇒ 腰椎分離症

⇒ 腰椎すべり症

⇒ 梨状筋症候群

⇒ 仙腸関節障害

⇒ 変形性股関節症

sponsored link



【坐骨神経痛.com】TOP

copyright©2014  【坐骨神経痛.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved