【坐骨神経痛.com】〜変形性股関節症〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
zakotusinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは坐骨神経痛に関係する病気、変形性股関節症について詳しく説明していきます。

変形性股関節症は股関節が痛くなる代表的な病気です。股関節を含む関節には、関節軟骨という骨と骨がぶつからないようクッションのような役割を持つ柔らかい骨があります。この関節軟骨が、長年の使用による負担や外傷など色々な原因により、擦り減ってしまったり骨が変形してしまったことによって、股関節の機能を著しく低下させてしまった状態を変形性股関節症と言います。

生まれつき股関節の作りに問題がある「臼蓋形成不全」や、成長過程で股関節の形成が上手くいかない「発育性股関節脱臼」などの病気を持った人が、年齢を重ねるにつれ変形性股関節症になるケースがありますが、近年では単に老化などでも起こるケースが増えてきています。
基本的に女性に多く、男性に少ない病気でも知られています。これは男性に比べて女性の方が骨盤が大きく広い為、股関節にかかる負担が大きいことや、その反面周辺の筋力が弱いことなどが原因として挙げられます。

変形性股関節症の症状は、臀部から股関節、太ももや膝上にかけて鈍い痛みがあります。症状が進行すると動く度に痛みが走るような運動障害を引き起こし、酷い場合は安静にしていても痛むようになり、睡眠障害にまで陥ることもあります。

変形性股関節症の治療は、保存療法と手術療法とがあります。ほとんどのケースではまず保存療法が選択されます。
保存療法では痛みに対して消炎鎮痛薬を処方したり、筋力トレーニングやストレッチ、温熱療法などの理学療法を用いて長期間での回復の経過を見ます。これら保存療法でも効果があまり見られない場合に、手術療法が選択されるようになります。
手術療法では関節形成術(骨切り手術)や、人工股関節手術などがあり、患者の状態や年齢など様々な要素を踏まえた上で検討されます。


⇒ 腰椎椎間板ヘルニア

⇒ 脊柱管狭窄症

⇒ 腰椎分離症

⇒ 腰椎すべり症

⇒ 梨状筋症候群

⇒ 仙腸関節障害

⇒ ぎっくり腰

sponsored link



【坐骨神経痛.com】TOP

copyright©2014  【坐骨神経痛.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved