【坐骨神経痛.com】〜神経ブロック療法〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
zakotusinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは坐骨神経痛の対処と治療について、神経ブロック療法を詳しく説明しています。

坐骨神経痛の対処と治療において、痛みが急性に強く現れている場合や薬物療法の効果が弱い場合などでは、神経ブロック療法が選択されます。神経ブロック療法とは、痛みの成分が神経に伝わらないように遮断してしまう方法で、神経やその周辺にごく少量の局所麻酔注射を施すものです。他にも血流の改善や関節の炎症の鎮静などの作用を目的としている為、腰部の強い痛みを数分で抑えることができる治療法です。

ブロック注射を行う神経の部分によって種類は様々ですが、坐骨神経痛に対して行うブロック注射は「硬膜外ブロック」「神経根ブロック」「トリガーポイント注射」が挙げられます。

【硬膜外ブロック】
硬膜外ブロックは、脊柱管内の脊髄を覆う硬膜より外側にある硬膜外腔と呼ばれる部分にブロック注射を行います。腰部分に打つ腰部硬膜外ブロックと、お尻部分に打つ仙骨硬膜外ブロックがあり、原因によって選択されます。

【神経根ブロック】
腰部の左右に分かれる神経根に対して直接ブロック注射を行います。事前にMRI(核磁気共鳴法)を行って冒されている部位を特定しておく必要があります。

【トリガーポイント注射】
押して痛むポイントの筋肉に対して直接、麻酔薬や鎮痛剤を注射を行います。神経ブロックと言うよりは一般的な局所麻酔に近い方法です。


⇒ 薬物療法

⇒ 理学療法

⇒ 装具療法

⇒ 外科療法

sponsored link



【坐骨神経痛.com】TOP

copyright©2014  【坐骨神経痛.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved