【坐骨神経痛.com】〜装具療法〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
zakotusinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは坐骨神経痛の対処と治療について、装具療法を詳しく説明しています。

装具療法とはコルセットやベルト、サポーターなどの装具を用いて患部周辺を固定することで活動域を制限し、不安定な状態を補助して症状を緩和することを目的とした治療法です。腰の装具と言えばコルセットですが、坐骨神経痛でも主にコルセットを使用することになります。

コルセットと聞くと硬いものでがっちりと固定するイメージがありますが、実際には硬いものの硬性コルセットから柔らかいものの軟性コルセットまで様々な種類があり、原因や症状や状態によって使い分けられます。骨折などでは主に硬性コルセットが使用され、坐骨神経痛の場合では主に軟性コルセットが使用されます。

またコルセットの使用は、あまり長期間継続することは勧められません。使用していると安心して動くことが出来て、付けていないと怖いという風に不安になってしまい、常に付けておきたいと常備しがちですが、長い期間装着していると腰を支える筋力が落ちてしまいかえって治りが遅くなってしまいます。使用時は医師と相談の上、医師の指示に従うよう注意が必要となります。


⇒ 薬物療法

⇒ 神経ブロック療法

⇒ 理学療法

⇒ 外科療法

sponsored link



【坐骨神経痛.com】TOP

copyright©2014  【坐骨神経痛.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved