【坐骨神経痛.com】〜薬物療法〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
zakotusinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは坐骨神経痛の対処と治療について、薬物療法を詳しく説明しています。

坐骨神経痛の対処と治療において、最初に行われ最もポピュラーなのが薬物療法です。坐骨神経痛に対して行う薬物療法には、大きく分けて「痛みを抑える薬」と「筋肉や神経、血流に作用する薬」があります。以下にご紹介していきます。

【痛みを抑える薬】
●消炎鎮痛剤(内服薬)
主に非ステロイド系(NSIAD)の消炎鎮痛剤が用いられ、他にもステロイド系消炎鎮痛剤やオピオイド系鎮痛剤なども用いられます。副作用として、胃や腸が荒れるなどの胃腸障害を起こす場合があります。

●消炎鎮痛剤(外用薬)
冷湿布や温湿布、軟膏などの外用薬は市販でもよく販売されているので、独自で購入し使用する方も多いでしょう。副作用として、肌の弱い方はかぶれや湿疹などを起こすこともあります。

【筋肉や神経、血流に作用する薬】
●末梢循環改善薬
血管を拡張させ血流を改善する薬で、プロスタグランジンという薬が最もよく使われます。血液循環を改善することで痛みを和らげる作用があります。

●筋緊張弛緩剤
筋肉のこわばりを解いて筋肉の緊張を弛緩する薬です。痛みによって筋肉は慢性的に緊張してしまい、その筋肉の緊張によってもさらに痛みを発生させるという痛みの悪循環を防ぎます。

●ビタミン製剤
ビタミンB12は細胞の代謝に働き、刺激によって傷付いた末梢神経を修復する効果があります。神経組織が回復し、刺激による痛みを抑える効果を期待できます。


⇒ 神経ブロック療法

⇒ 理学療法

⇒ 装具療法

⇒ 外科療法

sponsored link



【坐骨神経痛.com】TOP

copyright©2014  【坐骨神経痛.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved