【坐骨神経痛.com】〜予防と対処法について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
zakotusinkei2★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは坐骨神経痛の予防と対処法について詳しく説明しています。

坐骨神経痛の予防としては、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病気を予防することと同じです。感染症や腫瘍によるものでなければ予防することは可能です。以下に挙げるものを避けることが予防につながります。

【腰を曲げる動作】
腰を曲げる動作によって腰に負荷がかかることが原因となります。
●重い物を持ち上げる
●高い所の荷物を床に置く
●足元の物を拾う
●体から離れた遠い位置の物を取る
●洗面台で顔を洗う
●車の座席など座高の低い椅子から立つ

【体を捻る動作】
体を捻る動作時にも腰には相当の負荷がかかります。
●スポーツなどで体を急旋回する
●布団から起き上がる
●車の座席から立ち上がる

【姿勢の悪さ】
背骨は適度に屈曲していますが、姿勢が悪いことで背筋のラインが湾曲し、腰に相当の負担がかかります。
●猫背
●あぐら座り
●横座りや横向きで寝転ぶ
●椅子に浅く座り背もたれにもたれる
●ヒールの高い靴を履く
●携帯電話の画面をうつむき加減で見ている

【体型や生活習慣】
太り気味で体重が重い人や、加齢に伴って筋力が衰えることで腰が弱くなってしまいます。冷え性や喫煙による血流悪化で疲労が溜まりやすくなるのも原因のひとつに挙げられます。
●肥満
●加齢
●運動不足
●筋力低下
●冷え性
●喫煙


⇒ 効果的な漢方

⇒ 効果的なツボ

sponsored link



【坐骨神経痛.com】TOP

copyright©2014  【坐骨神経痛.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved